ごあいさつ

2018年(平成30年)を迎えて

 新しい年を迎えました。
 本年は穏やかなお正月三が日でした。皆様におかれましては、ご健勝にて輝かしい初春をお迎えになったことと拝察いたし、お慶び申し上げます。
 昨年は、北朝鮮のミサイル発射問題などや、後半では急な衆議院議員選挙の実施など、世情は何かと慌ただしい中での1年間でした。また、昨今の異常気象を反映してか、相変わらず夏季を中心に台風や大雨等の影響により、各地では大きな被害を受けました。
栗東市では、平成25年に台風18号により甚大な被害を被っていますが、こうした災害を他山の石とせず、日頃より防災対策をより充実し、安心・安全なまちづくりに向けて取り組まなければならないことを痛感いたします。
 さて、12月定例会は、昨年12月22日に閉会しましたが、議案22件、意見書3件についての審査・審議を行い、議案については全件を可決・承認し、意見書は1件否決、2件を可決いたしました。今月号にて、その概要を報告させていただきます。
 栗東市は、新幹線新駅中止後の負の影響から、その後の市財政の健全化問題が喫緊の最重要課題ですが、財政健全化に向けて着実に改善の兆しが見えてきました。
 まだまだ財政上は引き続いて健全化への取り組みを継続しなければなりませんが、本年には危機管理センターや学校給食共同調理場(給食センター)施設が竣工し、また市内に数社の企業の誘致が進み、操業開始が予定されるなど、税収増や地域の活性化に向けて明るい兆しの見える市政の情勢にあります。今月号の記事にその最新スポット情報を一部掲載しましたので、ご覧いただきたいと思います。
 本年も、市民の皆さまがいつまでも住み続けたいまちとして誇れるよう、議員として着実で誠実な対応、議員活動を心掛けてまいります。
引き続き、ご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。



中村ひさじ後援会事務所

住所:〒520-3034 栗東市小平井2丁目23−18
Tel・Fax:077-553-7445
MAIL:hisaji@kha.biglobe.ne.jp